コンプレックス解消の方法|小陰唇が肥大している場合

保険が適用されるか否か

レディー

小陰唇の肥大により恥ずかしいと感じている人は多く、そんな人のために小陰唇縮小手術があります。小陰唇縮小手術により、肥大したひだを小さくすることができます。しかし、この小陰唇縮小手術は、保険が適用される場合と、されない場合があります。されていない場合、手術費は結構バカにはならず、高額なものになってしまいます。具体的には20~30万円が相場だといわれています。しかし、これはあくまでも相場であり、クリニックによっては安くなることもありますし、高くなることもあります。しかし、保険が適用されれば数万円程度です。
なぜ保険が適用される場合とされない場合があるのか、それは、日常生活に支障がある場合とない場合に分けることができるからです。例えば、小陰唇の肥大によっておりものが増えたり尿漏れが頻発する場合、それは日常生活に支障が起きているということであり、保険が適用されます。しかし、ひだが大きくて恥ずかしいだけだったり、黒ずんでいてみっともないという程度のものの場合、日常生活に支障が起きることはないとされ、保険が適用されません。
日常生活に支障があるかどうかは基本的に医師が判断し、適用されるかどうかを判断するので、まずはクリニックに行き、相談しましょう。小陰唇の肥大に関する相談は、美容整形外科、もしくは泌尿器科などで行うことができます。また、相談するのであれば評判の良いクリニックがおすすめです。小陰唇縮小手術は簡単なものですが、その仕上がりには医師の腕が大きく影響するからです。