コンプレックス解消の方法|小陰唇が肥大している場合

手術の痛み

女性

小陰唇の縮小手術を行いたいと思っている人は少なくありません。人によってはみっともないと思うことも多いですし、日常生活に支障をきたすこともあるからです。しかし、保険が適用されないので費用面で諦める人もいますし、保険が適用されても手術を怖がりためらってしまう人は多いです。小陰唇の縮小手術は、基本的に切除と縫合を行って形を整えるという簡易的な手術なので、1時間もかからずに終わることが多いです。しかし、それでもやはりメスで切られるのは怖いですし、不安に思う人は少なくありません。
個人差は多少ありますが、小陰唇の縮小手術は基本的に痛みを感じることはほぼありません。特に、メスで身を切られるような痛みを感じるということはほぼありません。その理由は、麻酔です。局所麻酔を使用することによって痛覚を麻痺させるので、痛みはほとんどありません。敷いて挙げるなら、少し針でチクっと刺されたような痛み程度であり、飛び上がるほどの痛みはほとんどありません。そのため、痛みに弱い人でもそこまで問題ではありません。
やはりそれでも怖いという場合は、メスを使わない方法で手術を行うことになります。例えば、ヒアルロン酸や自分の脂肪を注入する注入法ならば、痛みは少なく、切開しないので手術後もお風呂にはいれます。しかし、注入した脂肪分やヒアルロン酸は半年程度で消滅します。他にも、ビビーブという高周波エネルギーを照射する照射法があります。こちらは照射するだけなので麻酔注射の痛みもなく、効果も一年ほど続きます。