コンプレックス解消の方法|小陰唇が肥大している場合

縮小手術

悩むウーマン

大阪では、自分の肥大した小陰唇にコンプレックスを持っている人は多いです。小陰唇の肥大は、男性に例えると包茎に近いものであり、基本的に生命を脅かすことはありません。しかし、肥大したひだによっては下着に触れて痛痒くなったり、尿漏れを起こすこともあります。そんな時は日常生活に不便が生じるということで保険が適用されるので安く縮小手術ができます。しかし、どうせ縮小手術をするのであれば、腕の良い所で行ってもらいましょう。大阪は日本でも屈指の賑わいを見せる場所であり、梅田などの都会では腕の良い医師が多くいます。もちろん、都会以外にも大阪ではあちこちに腕の良い医者がいますので、ネットで検索してみましょう。
腕の良い医師によって行われる小陰唇の縮小手術は、仕上がりが非常に綺麗であり、見た目の違和感が全くありません。その理由は、道具からこだわっている医師が多いからです。例えば、縮小手術の際に肥大した箇所の小陰唇を切除するときは、出血量を大幅におさえる高周波メスを使い、出血量を減らしています。また、切除した箇所の縫合も丁寧にじっくり行い、抜糸後も跡が残らなかったり、タンパク質で作った特殊な糸を使うことで抜糸せずとも自然と消滅する糸を使用したりと、様々です。なお、この時注意したいのは、費用が高いから優秀なお医者さんだというわけではないということです。そのため、通うクリニックは腕が良いのかどうかという判断は、費用ではなくネットなどの評判を元に判断することになります。